仕事人間が風俗に目覚めた話。

仕事人間が風俗に目覚めた話。

投稿日:2015年2月11日 カテゴリ:美しい体を作る風俗体験談

毎日返ってくるのは夜中の24時くらい。仕事ばかりしていたから、友達とも遊ぶ機会がなくてどんどん減っていきました。しかも、恋人にも先日振られました。「お金をそんなに稼いでどうするの?結局遊べなかったら意味ないじゃない」。それが彼女の別れ際の言葉でした。この言葉に、僕はハッとしましたね。今まで、ずっとお金があれば何とかなるって思っていたのですが、それは結局何にもならなかったです。そのまま僕は風俗嬢を呼んで、プレイしてもらいました。仕事人間だった僕が、女遊びなんて、きっと彼女に振られなかったらしなかったと思います。今まで緊迫した人生を送ってきたけれど、少し肩の力を抜いて良いのかもしれませんね。色々な風俗嬢とプレイできて、それで満足できたら良いじゃないですか。今まで貯金額が増えていくのが楽しかったけど、今は貯金額が減っていく方が人生充実しているなぁって感じます。次も風俗嬢と楽しい時間を過ごして、プライベートを充実させていきたいですね。